マルチタイムフレーム分析を習得してFXで稼ぎ出す

マルチタイムフレーム分析を習得してFXで稼ぎ出す

マルチタイムフレーム分析を習得してFXで稼ぎ出す

 

FXを習得するのは手法の確立をする事といっても過言ではありません。様々な手法がこの世の中には存在しますが、その手法にあるものをプラスするだけで劇的にトレードが改善されることがあります。プラスするものというのがマルチタイムフレーム分析です。

 

マルチタイムフレーム分析というのは日本語で言うと複数時間での分析ということになります。FXをしているのなら何かの手法は持っているでしょう。その手法を複数時間から分析することによって勝率を上げることが出来ます。例えば今使っている手法が5分足の手法だとします。いつもなら5分足で売買タイミングがきたらエントリーをしています。しかしそれにプラスして1時間足チャートを見るのです。これがマルチタイムフレーム分析です。

 

こうすることによって1時間足の流れも加味して5分足のトレードが出来ます。5分足が順張りトレードの手法なら、1時間足も同じ方向を向いている時のみにトレードします。例を示すと1時間足が上昇トレンドだと判断しました。その時は5分足でショートエントリーのサインが出ても、そこはエントリーをしません。ロングエントリーのサインが出るまで待ちます。その理由は1時間足が上昇をしているからです。短い足よりも大きい足の方が強いという考えが前提があります。

 

こうやって大きい時間足でのエントリー基準をもう一つ足すことによってエントリーのフィルターになります。このフィルターのおかげで全てのエントリーサインでトレードをすることがなくなり、トレードが厳選されるようになり勝率が上がります。5分足の場合、1時間足を足すと言いましたが、これにもう一つ4時間足を足すことも出来ます。これによってもっと厳しいフィルターをかけられるようになります。しかしこのことによってエントリーサインが出ないというデメリットがおきるかもしれません。その時は自分でどの時間足を足せば勝率が上がるのかを検証して、自分のトレードに役立ててみましょう。